Aコープのこだわり

地産池消

Aコープ店舗「地産地消」の取り組み 〜中心的な活動として「生産者直売コーナー」を展開〜
地元生産者直売コーナー 産地直送地元生産者募集! つくってみんなに食べてもらおう!

「地産地消」とは、身近な地域で生産された食料を地元で消費する活動のことです。生産者の顔が見える鮮度の良い商品が消費でき、また、フードマイレージの低減や農業による地域環境の保全、地域経済の活性化にもつながります。

Aコープでは、JAグループの「地産地消運動」の一環として、地場産を第一優先(第二優先は県産・第三優先国産)に、生産者直売コーナーの取り組み拡大を進めています。

ポジティブリスト制度(残留基準が設定されていない農薬等が一定以上含まれる食品の流通を原則禁止する制度)に対する遵守徹底等、安全確保にも積極的に取り組んでいます。

「地産地消活動」を通じて、「収穫体験活動の取り組み」「地場産を使用したメニューレシピの提案」等「食農・食育活動」 等についても取り組みをすすめています。

「フードマイレージ」とは、食料の総重量と輸送距離を掛け合わせたもので、生産地から食卓までの距離が短いほど輸送にかかる燃料、二酸化炭素の排出量が少なくなるという考え方です。

ページトップへ